ロッディオのドライバー発見

理想のギアを求めて、旅をしています・・・
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/01/29(日)
TAKEZOです。

今日はRODDIOのTYPRE-S Mid(10.5°)です。

RODDIO TYPE-S

憧れのロッディオ、なんとゴルフ5の中古コーナーで発見。

とりあえず、試打させて貰った。

シャフトは、RODDIO SHAFT S-6(SR)。

RODDIO S-6

振動数を測って貰ったら、約248cpm。総重量は約316gだったので、
TAKEZO的にはやや重ヤワ系。どんな球筋と飛距離になるか計測。

結果は、、、

「球がつかまらない」

実力不足&もっとハードヒッターにならないと使いこなせないなぁ、
と痛感したところでした。

あと、

打音が低いと言えばいいんでしょうか。
「コォン」っという感じ、これは好みが分かれるかもしれない。

「キンッ」っていう高音が好きな方は違和感あるでしょう。

そもそも価格が高いロッディオ、高嶺の花で終わってしまうのか、、、
買うか、買わないか、しばらく悩もう。。。



にほんブログ村

ゴルフ ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。