キャロウェイコレクション

理想のギアを求めて、旅をしています・・・
2017/05/06(土)
TAKEZOです。

今日はキャロウェイコレクションドライバーです。

キャロウェイコレクション2

ふたたびキャロウェイですよ。

キャロウェイコレクション3

MJ-6S-3.jpg

石川遼、応援宣言!

なんちゃって。

ついに戻ってまいりましたー。

何本使ったことだろう。。。

ドライバーだけでも、
GBB、GBBⅡ+α、X18、レガシーツアーってとこか。

FWなら、
スチールヘッドプラス、スチールヘッドⅢ

アイアンは、
X12、X16TOUR、X FORGED

その他UT、ウェッジ、パター、ボールも一度は使ったことがある。

うそじゃありません!

その証拠に、、、あれ??写真があまりない。。。

レガシーツアーくらいしか残ってなかった。

LEGACY TOUR-1

その後は、地クラブにはまって、ご無沙汰。


でも、やっぱり戻ってきちゃうのよねぇ。


一応カタログ値を鵜のみにせず、実測してみた。

長さは45.25インチ、重量は308g、バランスはD0.5、シャフト振動数261cpmなり。


なぜこれにしたのか?

①最近までロマロレイアルファを使っていたが、手放しました。
 ヘッドがデカすぎて、フェースローテーションって言えばいいんでしょうか、
 うまくヘッド返す事が出来なくて、右にばかり行っていた。
 (下手は充分自覚してますが)
 ほんの少し小ぶり系で構え安いのを探していた。

②MJシャフトが気になっていた。
 マーク金井的に言えば、ダブルキック系なんでしょうか、
 タメを作りたい、でも先端も走って欲しいという願望があって、
 一度じっくり使ってみたかった。

③ヤフーショッピングで在庫処分でしょうか、
 激安で販売されていた。なんと2万以下。
 ドラを新品で買ったのは何年ぶりだろう。。。記憶がない!
 間違いなく10年以上前のハズだ。

あと、純正ヘッドカバーのデザインが、ちょっとお気に召さず、
代わりにロッディオのカバーをつけてみた。

ロッディオヘッドカバー1


い、よっしゃー

ロッディオヘッドカバー2


かっくいいぃ。

練習場で打った感想は、、、
打感はエポンなどには負けるが、悪くない。操作性も予想通りいい。
特筆すべきは、ヘッドスピードがエースドラよりも上がっている。
エースドラのシャフトはDJ-6SR。長さ、重量はほぼ同じ。
シャフトの硬さ(振動数)とキックポイントが違うのだろう。
1~2m/sくらい違う。これは嬉しい発見だ。

石川遼モデルのMJシグネチャー。

MJ-6S-2.jpg

青系のカラーリングがいいねぇ。

今後実戦でどこまで飛距離がアップしてるか、大注目だ。
 
では。



にほんブログ村

ゴルフ ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass: