GS95

理想のギアを求めて、旅をしています・・・
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/08/10(月)
TAKEZOです。

先日のAF-702 AWに挿すシャフトの検討してみた。

GS95-1

ホーゼル径、これはカーボン用の9.4mmなんです。。。

んで、高価なものを探すより、スチールでしょ、と思い
通常のテーパーシャフト9.0mm品でセル管使っても良かったんだけど
失敗するのも嫌だし、なんせ組立時の細かな調整がめんどくさい。

チップが9.4のパラレルスチールを物色してみたら、トゥルーテンパー社の
GS95にたどり着いた。

別にGSシリーズでなくともダイナミックゴールドやその他にも
チップ9.4は存在する。でもほとんどがチップカットのモデル。
購入時の元の長さは半端なく長く、しかも1種類の長さしかない。
セットものだと、それぞれチップ側をカットするので
バランスが出せるのか、、、心配。

今回のGS95は番手別設計で、テーパーシャフトと同じく、
番手毎に長さがラインナップされている。
当然カット調整はバット側。これはありがたい。

GS95-2

無事に組立て、最後はシールを、と。

グリップ端から72、73mmあたりが見栄えがよさそう。
なぜかって?
持っているダイナミックゴールドの距離を測ったら、そのくらいだったから。

でもステップの位置にシールが掛かり、貼った見栄えは予想通りシワになってしまった。

ドンマイだ。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。