マルチョンラーメンで良い人に出会う

理想のギアを求めて、旅をしています・・・
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/08(日)
TAKEZOです。

今日はマルチョンラーメン国分店へ。

初代鹿児島ラーメン王でしたか、志布志店が輝いたはず。

前から気になってたので初めて行ってみた。
店内は混んでおり、食券買って暫く待つことカウンター席へ。

夫婦でらーめん(中)と餃子を注文。650円。

マルチョンらーめん

皆さん好みはいろいろでしょうが、、、
確かにうまい。TAKEZOは好きな味だった。

でも事件発生。

先に家内に持ってきたのはラーメン(大)。
お隣の注文を店員が間違えたのだ。

お隣の客には、家内の(中)が行ってしまい。
3人でフリーズ。先に口につけたし。

(T)すみません。

(隣)いやいいですよ。

(T)差額を払います。

(隣)いえ間違えたのは店側なのでいいんです。

(T)私たち初めて来たので、器を見ただけで気づかなかったんです。

(隣)私も初めてで、何も判らなくて。

(T)なら、餃子いかがでしょうか。2個ほど。(苦笑)

(隣)あ、いや、ありがとうございます。(汗)

なんて、お人よしなんだ、と思いながらも和やかな感じで終了。
お隣さんは、「お先に失礼します。ありがとうございました。」
と足早に去っていった。

物騒な世の中ですが、良い人で救われた。

でも店側に間違いを指摘しても、知らんぷり。。。

食券システムに問題があるのではないか?
半券にして品物と注文を照合すべきなんではないか?

ネットでは、味よりも店員の対応にコメントがあったりして、
本来TAKEZOは気にしないタイプだが、今回はお客の良心に救われた
だけで、やっぱり改善が必要なんだと思う。繁盛店なだけに。



にほんブログ村

ゴルフ ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。